観音の里めぐり

2019年6月21、22の両日 北びわこふるさと観光公社主催の学芸員さんの同行解説付き「観音の里めぐり」に参加しました。

 

米原駅を10時にスタートし 拝観した主な仏像は;

長浜市田村町

多田幸寺

薬師如来坐像

 
長浜市長浜

宝生山地善院


阿弥陀如来三尊像脇侍:日光菩薩、月光菩薩 (*の図像は著作権許容の解像度で観光公社のパンフレットから引用)

----- 

ここで昼食。食後;

長浜市西浅井町

大浦腹帯観音堂

十一面腹帯観音菩薩立像脇侍:地蔵菩薩、毘沙門天 (図像は著作権許容の解像度で寺院のパンフレットから引用)

観音様に男女の区別はないと云いますが、腹帯観音様は女性です。

--

長浜市西浅井町山門

善隆寺和蔵堂

十一面観音菩薩立像

阿弥陀仏頭

ここでは写真撮影が許されました。

 

-----

長浜市西浅井町山門

徳圓寺

馬頭観音菩薩立像脇侍:不動明王、毘沙門天

---

長浜市余呉町池原

久沢山全長寺

馬頭観音菩薩立像脇侍:不動明王、毘沙門天

ここではお内儀がお堂内・お庭を立て板に水を流す如く説明されましたが盛り沢山で消化不良でした。

 

全長寺のお堂を出たところでポツポツと降り出した雨は数分後には篠付くような土砂降りに。それでもホテルに着くまでには止んでいました。

 

5時前には長浜駅近くのホテル着。夕食はそれぞれに。

ホテルからの情報で成駒家へ。湖畔料理を冷酒七本槍との相性もばっちりに美味しく頂きました。

 

二日目は9時スタート;

長浜市木之本町大見

紫雲山醫王寺

十一面観音菩薩立像(国重文)

---
 

長浜市木之本町古橋

己高閣(己高山鶏足寺関連文化財収蔵庫)

十一面観音菩薩立像(国重文)脇侍:不動明王、毘沙門天

世代閣(世代山戸岩寺関連文化財収蔵庫)

薬師如来立像(国重文)

十二神将(内3躯 国重文)

 

長浜市木之本町石道

己高山石道寺

十一面観音立像(国重文)

持国天・多聞天立像(国重文)

---

ここで昼食。食後;

長浜市高月町唐川唐

喜山赤後寺(通称コロリ観音)

聖観音立像

十一面観音立像

---

長浜市高月町渡岸寺

向源寺渡岸寺観音堂

十一面観音菩薩立像(国宝)

大日如来坐像(国重文)

集落名が[渡岸寺]で寺院名と紛らわしいです。

長浜市高月町渡岸寺

高月 観音の里 歴史民俗資料館

十一面観音坐像(冷水寺)

馬頭観音立像(横山神社)

いも観音(菩薩形立像  安念寺)

[八木浜文殊院の密教美術]展を開催していました。

 

長浜市木之本町黒田

霊応山観音寺

准胝観音菩薩立像(千手観音菩薩として国重文指定)

---

4時半頃長浜駅に戻り解散。

2日目は著名な寺院を巡りましたが、1日目は個人では拝観しにくい寺院で値打ちのあるツアーでした。

いつもの仏像巡りに比べるとゆったりとした旅でした。

 

道中井上靖の「星と祭」復刊プロジェクトの紹介がありました。

http://hoshitomatsuri-fukkan.com/

ここに登場する湖北の7ヶ寺の内6ヶ寺の観音様を拝観しました。

残るは西野薬師堂の十一面観音様。次の機会を楽しみにしましょう。